いくらのテストページ
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-135-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-135-JPの封じ込めの為、全国の自治体に働きかけ、12月末頃に消防による特別警戒が実施、継続される事になっています。最低でも12月27日から30日の間に特別警戒が1度は行われるよう調整し、日程は収容プロトコル隠蔽の為自治体ごとにずらしてください。この働きかけに失敗した自治体では、財団エージェントが12月30日からSCP-135-JPの発生警戒の為現地に滞在してください。もし発生した場合、発生終了まで当該地域の通信を遮断し、事象終了後広域な記憶処理を行います。万が一インターネットやマスコミなどに情報が漏えいした場合、精神疾患患者による騒ぎとしてカバーストーリーが流布されます。

説明: SCP-135-JPは、日本国内で12月31日の20:00から24:00の間に極稀に発生する、異常な防火警報です。その日の実効湿度が██%以下になった地域で発生率が高くなる傾向があります。SCP-135-JPの警報は、通常この時期の夜間に行われる消防の特別警戒(以下、夜警とします。)に似ています。消防車両の警鐘の音と車載拡声器によると思われる音声放送を伴いますが、その内容は毎回異なり一貫性を持ちません。音声放送は多くの場合支離滅裂な内容ですが、稀に何らかの警告を含みます。その警告の意図は不明です。またSCP-135-JPの音源位置は未だ特定に至っていません。

SCP-135-JPは、過去4日以内に消防による夜警が行われていなかった自治体でのみ発生報告がある為、夜警の実施と継続を封じ込め手順に利用しています。

補遺1:SCP-135-JP発生記録抜粋

発生記録3 - 日付1971/12/31

発生地: ██県、████町
概要: 21:30頃から発生。警鐘は2秒に1回のペースを維持し、15~20回鳴らす毎に低い女性の声で「西から乾燥した大気が橘の実。捨ててください。捨ててください。」との音声放送が入る。内容は繰り返され、23:53まで続いた。

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License